ハイレゾの感想とレビューならココッ 2017年度

。本機を6CA7の三極管接続プッシュプルメインアンプにつなぎパソコンからハイレゾ音源を聞いています。 上海問屋さんでは、動作保証外になるのだと思いますが、MacAndroidの端末でも使用出来る真空管搭載DACとしては、お得な製品ではないでしょうか。

これっ♪

2017年03月30日 ランキング上位商品↑

ハイレゾハイレゾ音源対応 DSD真空管アンプ

詳しくはこちら b y 楽 天

100時間以上エージングした上での音質は、オペアンプLM4562NAの素直な特性の影響か、高音や残響音が気持ち良く響き、低音も程よく伸びており、情報量がきめ細かいのに柔らかい音が広がる印象です。もう少し重量があれば安定的に設置できるのですがこの点が少し扱いにくい。真空管無しのDN-911674と同価格になっているので!真空管が好きな方には!お買い得ではないかと思います。(注意:MacOS X 10.5.8では認識しませんでした)Macでは特別なドライバを必要とせず、接続するだけで認識しますし、AudioMIDI設定で変更すれば、ハイレゾにも対応出来ます。Macユーザーの場合は、Windows用のシリアルをメーカーWeb上でMac用にチェンジ出来ると英文で説明が付いていましたので、Macユーザーにも安心だと思います。逆に!響きよりもアタック感や低音の力強さを重視する方には物足りなさが感じるかもしれませんが!その場合は!ソケット式になっているので!真空管オペアンプの交換で改善出来るかも…。(取扱説明書には「IC socket for Opamp upgrade」との記載も有り) さて!商品ページには!Windows Vistaから10までに対応と記載されていますが!英文の取扱説明書には!MacOS Xの記載もあります。とても柔らかい音質で音質については言う事なしです。上海問屋さんの取扱開始当初から、ひたすら値下がりを待っていましたが、発売当初の価格より35%引きの14999円(税込)まで下がっていたので、購入してみました。 また!完全に取扱店およびメーカー保証外の使い方ですが!Android 4.2.2搭載のSONY Xperia A SO-04E!Android 5.1.1搭載のHuawei MediaPad T2 10.0 Proで!USB OTGケーブルで接続する箏により!USB DACとして認識しました。実際に試してみた所!Macでは!Mac OS X 10.6.8以降で使用出来ています。何に使うのだろう…。 ひとつだけ謎だったのは、なぜか普通のUSBケーブルだけではなく、標準Aコネクタ-miniBコネクタのUSBケーブルが付属していた事です。製品自体は!SYBASONICの「UTHA」です。重量の軽い本ユニットに3本のコードが接続されるためコードが動くと本体が振り回されてしまいます。 なお!付属のハイレゾ対応音楽再生ソフト「JRiver Media Center」は!最新のver22では無く!ver20が付属しており!Windows用のシリアルが付属しています。さらにONKYO HF Playerでハイレゾ設定でも使える事を確認しました。